透明なブロックのようなもの。

ブロックというといかにも障害物のようだけど実際のブロックは、障害物然りとしたものではないように思う。 簡単に『これは障害だ』『これはブロックだ』と認識できるものは障害ですらないとさえ思う。

行動する事、考える事、全て意識に挙がっているのに決断や判断が行われない物事が自分にはある。 何かの拍子にブロックが外れると、そんな風に意識にあるのに素通りしてしまっている事を自覚する時もあれば、 ただ自然な行動として物事にリンクしていくような事がある。

ブロックと書いたけれど、それは多分ブロックではなくて、何かいろいろな事に気を散らして注意散漫な時に、 目の前に見える事をスルーしてしまう事の方が当てはまるような気がするので、きっと気を散らす要因が一つ減って その分スルーしていた事に気づくだけなのかもしれない。